車からのサインを見逃さない

運転席のパネルには各種メーター など、さまざまな計器類がついてい ます。

すべての計器類には意味がありま すから、これらがきちんと作動して いるか、あるいは、今どんな表示を しているかをチェックするのも、運 転前の大切な心がけです。

たとえば、 燃料計の針が「E」の近くを示して いれば、もうすぐ給油しなければな らないという合図。

水温計の針が極 端に「H」の方へ振れていれば、エ ンジンがオーバーヒートしている意 味になりますから、急いで点検する 必要があります。

また、計器周りについている警告 灯の意味も、理解しておきましょう。

半ドア警告灯が点灯しているにもか かわらず、そのままにしておけば、 走行中にドアが突然開く危険があり ます。トラブルのサインは見逃さな いようにしましょう。

各種警告灯の種類

シートベルト非着用警告灯

運転席のシートベルトを着用 していないと点灯

ブレーキ警告灯

ハンドブレーキが十分に下り ていない、ブレーキオイルの 不足など

半ドア警告灯

ドアが完全に閉まっていない とき点灯

燃料残量警告灯

燃料が残りわずか(通常は5 £以下)になると点灯

油圧警告灯

エンジンオイルに異常が生じ たとき点灯

充電警告灯

バッテリー充電に異常がある と点灯

エンジン警告灯

エンジンにトラブルが発生し たときに点灯