運転の疲労も軽減するシートベルト

シートベルトには、衝突や転倒の 事故にあったときの被害を最小限に とどめる働きがあります。

また、運 転姿勢を楽にキープすることができ るので、運転の疲労を軽くする効果 もあります。

「義務だから」ではな く、自分と同乗者の安全と健康を守 るためにも、積極的に着用したいも のです。

シートベルトの正しい着用は、左 図のとおり。

これらをきちんと守ら ないと、シートベルトの安全効果が 得られないばかりか、かえって危険 な状況を招くことさえあります。

現在は、運転席、助手席ほか、後 部座席を含むすべての同乗者がシー トベルトを着用しなければなりませ ん(病気など、やむを得ない場合を のぞく)。

エアバッグを備えている 場合でも同様です。運転者の責任と して、着用を徹底させましょう。

NG ベルトが首にかかっている  ベルトがねじれている  肩ベルトがたるんでいる

※妊婦にもシートベルト着用義務があります。ただし、事前に医師と相談(装着して もよいか、装着方法など)をしてから乗車するようにし・ましょう。