ミラーで後方の状況を把握する

シートポジションが決まったら、 次にミラー位置を確認しましよう。

車には、ルームミラーとサイドミラ ー(ドアミラー)があります。

これらを正しく調整すれば、周りの状況を 把握しやすく、事故も防げます。

まず、ルームミラーの正しい位置 は、運転姿勢から見て、リアウイン ドウ(後方窓)がミラー全体に映るよ うになっていることです。

運転する人が変わればミラーの見え方も変わ るので、毎回必ず調整してください。

次は進路変更や車庫入れなどで使う サイドミラーです。

左右のミラーとも、画面の4分の1に車体、4分の 3程度に景色が映りこむのが正しい 角度。

上下の角度は、地面がミラー 中央にくるように合わせます。

助手席側のミラーを運転位置から調整す るときは、運転姿勢をとつたままボ タンを操作して、最適な位置に合わ せましょう。

ミラーの調整は、枠をつかみなが ら行いましょう。 ※ミラーは両手では合わせないこ  と!(運転姿勢に戻ったときに  見え方が変わってしまうため)